Loading

AMDの仕事

自動機の設計から製造までをワンチームで行っています。

製造業の生産現場における省力化・自動化に欠かせないのが自動機です。株式会社エイエムディ自動機では、この自動機に特化したモノづくりをしています。

受注した案件(プロジェクト)に対して、ゼロから考え図面を起こすのが「設計」部門の役割です。量産品ではないので、すべての案件が違うモノ。しかも、あるのはお客様からの要望だけで、前例もなければ実現可能かどうかさえ分からないことに対して向き合います。既存の技術に留まらず、常に新しい工法、斬新な生産システムの開発に挑戦し続ける精神が必要です。

設計が起こした図面を元に部品をつくるのが「加工」部門の役割です。鉄やアルミなどにマシニング加工を施すなどしてパーツにしていきます。当社の「加工」の特徴は、単純に図面通りに進めるだけではないこと。「加工」の視点から見て「設計」の段階では分からなかった問題点が見つかれば、立ち止まって「設計」と一緒に再考したり、あるいは次工程の「組立」にアイデアを求めたりしながらブラッシュアップしていきます。

「加工」が作った部品を製品に仕上げるのが「組立」部門です。組み上がった機械をお客様の現場に納品・設置するところも担当します。客先で発生した事案に対する対応や調整など臨機応変に判断することを求められるため、プロジェクトのリーダーを担うことも多いです。

「設計」「加工」「組立」とセクションが明確に分かれていながら、プロジェクトにおいては全部門のメンバーがワンチームとなり、円滑かつ活発なコミュニケーションを図りながら取り組むことが、革新的な自動機の開発を可能にする当社の強みです。

働く環境については
こちらのページをご覧ください。

PAGE TOP